本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホームくらし・手続き戸籍・住民票・届出住民基本台帳・マイナンバー住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記ができます
ホームくらし・手続き人権・男女平等参画男女共同参画住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記ができます
ホームライフイベント結婚・離婚住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記ができます

住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記ができます

フラッグ

住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令が平成31年4月17日に公布(平成31年11月5日施行。)され、住民票、マイナンバーカード等へ旧氏(きゅううじ)を併記ができるようになっています。

旧氏併記をご希望の方は、下記の請求手続きを市民税務課で行ってください。

旧氏併記はこんな時に役立ちます.jpg

この政令改正は、社会において旧姓を使用しながら活動する女性が増加している中、様々な活動の場面で旧姓を使用しやすくなるよう、との累次の閣議決定等を踏まえ行われたものです。

これにより、婚姻等で氏(うじ)に変更があった場合でも、従来称してきた氏をマイナンバーカード等に併記し、公証することができるようになるため、旧氏を契約など様々な場面で活用することや、就職や職場等での身分証明に資することができるものと考えています。

旧氏とは

「旧氏」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

住民票、マイナンバーカード等に旧氏を併記するには

住民票に旧氏を併記するための請求手続が必要になります。

住民票に旧氏が併記されると、マイナンバーカードや公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。

※住民票等に記載できる旧氏は1人に1つだけです。

旧氏を併記するためには、請求手続きが必要です。

旧姓併記のための請求手続き.jpg

(1)旧氏が記載された戸籍謄本等を用意してください。

戸籍謄本等は、

  • 本籍地の市区町村に直接又は郵送で請求
  • マイナンバーカードをお持ちの方はコンビニで発行(戸籍謄本等のコンビニ交付に対応している市区町村のみ)することができます。

(2)現在お住まいの市区町村において請求手続をしてください。

用意した戸籍謄本等と一緒に、マイナンバーカード(通知カード)を持ってお住まいの市区町村で請求手続きをしてください。マイナンバーカード等に旧氏を併記します。

旧氏に関するリーフレットの見本.jpg

 

カテゴリー