本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム自然・環境公園斐太:万五郎古墳

斐太:万五郎古墳

フラッグ

斐太:万五郎古墳

場所は大字梨ノ木(なしのき)。

昭和50年、ほ場整備事業に伴って発見。直径16メートルの円墳。石室には、県内でも例のない1~1.5トンの巨石が用いられています。

観音平天・神堂古墳群とほぼ同時代に造られたもので、県下最大規模の横穴式石室円墳です。

特徴は、古墳前庭部に鳥居状施設を示す7個の柱穴と建物跡が発見されていることです。

昭和53年市指定史跡財。

カテゴリー