本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム自然・環境公園斐太:観音平・天神堂古墳群
ホーム市政情報市役所・公共施設文化施設斐太:観音平・天神堂古墳群

斐太:観音平・天神堂古墳群

フラッグ

斐太:観音平・天神堂古墳群

斐太遺跡を挟んで北の観音平地区(宮内、青田)、南の天神堂地区(乙吉、籠町)に分かれ、両地区合わせて170基以上の古墳が確認され、指定面積17万平方メートルの北陸最大規模の古墳群として昭和53年に国の史跡に指定されました。
今まで古墳時代後期(6~7世紀)の群集墳として考えられてきましたが、平成11年度の調査で、観音平地区の最高所に古墳時代前期(3世紀頃)の前方後円墳が2基発見され、県内最古級の前方後円墳として、注目を集めています。

カテゴリー