本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム健康・福祉・医療・介護健康・保健予防接種風しん追加的対策について

風しん追加的対策について

フラッグ

(対象:昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性のかた)

 

平成30年7月、首都圏を中心に風しんの流行があり、現在も風しんの感染報告が続いています。

風しんは、風しんウィルスの飛沫感染(感染者のせきやくしゃみなどのしぶきが鼻や口に入り込むこと)によって起こり、発熱や発疹、リンパ節の腫れを主症状とする感染症です。大人になってから感染すると高熱、発疹の長期化など、症状が重くなることがあります。

また、妊娠初期の妊婦が風しんに感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障がいが起きることがあります(先天性風しん症候群)。

風しんの発生とまん延予防のため、国は令和4年2月末までの間に限り、これまで風しん予防接種を受ける機会がなかった方を対象に、風しんの抗体検査と予防接種を無料で実施することとしました。

対象のかたには、風しんの抗体検査と予防接種を無料で受けられるクーポン券を、令和元年度から3か年かけて順次発送します。

クーポン券を使用し、風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう。

■対象者

  • 令和3年度クーポン券発送対象者  
    (1)昭和37年4月2日から昭和41年4月1日生まれの男性、(2)令和元年度または2年度対象者で、抗体検査未受験者または予防接種未接種者

■令和3年度クーポン券の有効期間

令和4年2月28日まで

■実施医療機関

■抗体検査・予防接種の受けかた

  1. 風しん抗体検査について
    風しん抗体検査は血液検査です。
    後日、郵送される結果通知または、医療機関で抗体検査の結果を確認してください。
    • 実施場所…受託医療機関または特定健診や事業所健診時に実施できます。検査日時、予約の有無等については、受託医療機関や勤務先に確認しましょう。
    • 持ち物…市発行のクーポン券
    • 身分証明書(免許証等、住所・氏名・生年月日を確認できるもの)
  2. 風しん予防接種について
    抗体検査の結果、風しんの抗体価が十分でないと判断されたかた(HI法で8倍以下、EIA法で6.0未満等)のみ対象です。
    予防接種は、1人1回、麻しん風しん混合(MR)ワクチンを接種します。
    • 実施場所…受託医療機関
      接種日時、予約の有無等については、事前に医療機関にお問い合わせの上、受診してください。
    • 持ち物
      市発行のクーポン券
      身分証明書(免許証等、住所・氏名・生年月日を確認できるもの)
      風しん抗体価が記載されている検査結果

※この予防接種は、定期予防接種です。
効果や副反応をよく理解し、不明な点は予防接種を受ける前に医師に質問し、十分理解したうえで接種を受けてください。

■その他

妙高市から転出した場合は、妙高市発行のクーポン券は使用できません。転出先の自治体よりクーポン券の発行を受けてください。

妙高市に転入した場合は、クーポン券を発行しますので、健康保険課にお問い合わせください。

ただし、すでに前の自治体が発行したクーポン券を使用して抗体検査や予防接種を受けている場合は、妙高市のクーポン券は発行しませんのでご了承ください。

関連リンク

厚生労働省「風しんについて」(外部サイト)

厚生労働省「風しん追加的対策Q&A」(外部サイト・PDFファイルが開きます)

カテゴリー