本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム市政情報施策・事業非核平和都市宣言妙高市非核平和都市宣言

妙高市非核平和都市宣言

フラッグ

私たち妙高市民は、願っています。

妙高山麓に広がる豊かな自然と、雪国の暮らしで培った、思いやりや感謝の気持ちを大切にし、すべての命を安心して育むことができるまち「生命地域 妙高」が子々孫々に引き継がれることを。

私たち妙高市民は、憂(うれ)えています。

世界各地で紛争が絶えないこと、人類の平和な暮らしを脅かす、核兵器や環境破壊行為などが存在することを。

私たち妙高市民は、行動します。

世界平和のため、かけがえのない命と自然環境を一瞬にして破壊する「核兵器廃絶」に向け、世界中の皆さんと手を携えて。

私たち妙高市民は、地球上のすべての人々が、豊かな自然に抱かれ、平和に暮らし続けることを願い、ここに決意を新たに「非核平和都市 妙高」を宣言します。

○平和首長会議・日本非核宣言自治体協議会について

妙高市では、平成21年10月10日に妙高市民の心推進大会において「非核平和都市宣言」を行うとともに、同月に「平和首長会議」や「日本非核宣言自治体協議会」に加盟しています。

平和首長会議
http://www.mayorsforpeace.org/jp/

日本非核宣言自治体協議会
http://www.nucfreejapan.com/

○ヒバクシャ国際署名

「ヒバクシャ国際署名」は、核兵器を禁止し廃絶する条約の締結実現に向けて、2016年より被爆者自身が開始した署名活動です。2020年9月末までを署名期間とし、この間、世界から数億の署名を集めることを目標に、集まった署名は毎年の国連総会に提出されています。
妙高市としても、「非核平和都市宣言」を行っており、日本が世界で唯一の被爆国として、核兵器の廃絶を求め、平和の尊さを後世に伝えることは極めて重要と考えていることから、同署名の趣旨に賛同し、平成28年7月1日に署名を行いました。
なお、平和首長会議でも、「平和首長会議行動計画(2017年-2020年)」において、ヒバクシャ国際署名と連携した核兵器禁止条約の早期締結を求める署名活動を展開することとしています。

ヒバクシャ国際署名
https://hibakusha-appeal.net/

※「ヒバクシャ国際署名」へはオンラインによる署名が可能です。また、ダウンロードした署名用紙による署名も可能です。詳しくは、下記ページをご覧ください。

【ヒバクシャ国際署名 オンライン署名ページ】
https://hibakusha-appeal.net/signature/

関連ファイル

 

カテゴリー