本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド

窒息・溺れる

フラッグ

気道確保

キャプション
応急手当 意識がないときは、のどの奥の筋肉が後ろに落ちて気道(空気の通り道)をふさぐので、まず仰向けにして頭を後ろにそらします。それと同時にあごの先を持ちあげるようにすると、気道が開通します。

人工呼吸と心臓マッサージ

キャプション
応急手当 まず子どもに顔を近づけたり、呼吸音や空気の流れを確かめます。
呼吸が停止していたり極端に弱くなっているときは、人工呼吸をします。

子どもの鼻をつかみ、口と口をつけて息を吹き込みます。
1分間に15回程度の速さで行います。

幼児は口と鼻を一緒におおい、強くなり過ぎないように息をふきこみます。
1分間に20回程度の速さで行います。
POINT注意 窒息した場合や意識がない時は、すみやかに応急手当を行い、すぐに救急車を呼びます。溺れた場合は気道確保からはじめましょう。

カテゴリー