本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム仕事・産業農林業農林業振興森林環境譲与税の使途について

森林環境譲与税の使途について

フラッグ

森林環境譲与税について

 「森林環境譲与税」は、喫緊の課題である森林の持つ公益的機能の発揮や災害防止等を図るため、交付税及び譲与税配付金特別会計における借入金を原資に、令和元年度から譲与が開始されました。

 市町村や都道府県に対して、私有林人工林面積、林業就業者数及び人口による客観的な基準で按分して譲与されています。

 「森林環境税」は、令和6年度から国内に住所を有する個人に対して課税される国税であり、市町村において、個人住民税均等割と併せて1人年額1,000円が課税されます。

 詳細はこちらをご覧ください。

森林環境税及び森林環境譲与税について(林野庁ホームページ)

森林環境譲与税の使途の公表について

 森林環境譲与税は、「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律第34条第1項」により、森林の整備やその担い手の育成、普及啓発、木材利用の促進等に係る費用に充てなければならないとされており、使途については、「同条第3項」により、公表しなければならないとされています。
 そのため、本市の森林環境譲与税の使途について公表しますので、こちらをご覧ください。

R元年度森林環境譲与税使途.pdf (PDF 34.9KB)

カテゴリー