本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム市政情報広報・広聴妙高チャンネル日本の宝妙高へ「関川を見守る一里塚(前編)」

日本の宝妙高へ「関川を見守る一里塚(前編)」

フラッグ

日本の宝妙高へシリーズナンバー111「関川を見守る一里塚(前編)」。
平成7年7月11日午後から上越地方を襲った集中豪雨。旧新井市では、一晩で144ミリを越える雨に見舞われました。また、関川上流部の笹ヶ峰では、一日で313ミリ、赤倉で177ミリを記録。このため、関川の水位が急激に上昇し、関川流域を中心に堤防の決壊、家屋の流失、床上・床下浸水、農地の流失・冠水など各地に大きな被害をもたらしました。
この災害の復旧工事が全て終了したのが、平成12年。関川沿いには、関川の恵みへの感謝と再び水害が起きないようにという祈りを込めた「関川を見守る一里塚」が設けられています。

  • 撮影:新潟県妙高市
  • 撮影日:平成27年7月
  • 撮影地:妙高市


>「関川を見守る一里塚(前編)」

<撮影地>
杉野沢の一里塚(平成27年7月撮影)
関川の一里塚(平成27年7月撮影)
蔵々の一里塚(平成27年7月撮影)
大谷の一里塚(平成27年7月撮影)
大鹿の一里塚(平成27年7月撮影)

カテゴリー