本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム健康・福祉・医療・介護健康・保健ノロウイルスを中心とした感染性胃腸炎・食中毒にご注意を

ノロウイルスを中心とした感染性胃腸炎・食中毒にご注意を

フラッグ

例年、冬季に報告数が増加し、流行が懸念されます。じゅうぶんに注意してください。

 

■症状

 急激に始まる吐き気、おう吐、下痢

 

■感染経路

  ・感染したヒトのふん便、おう吐物からヒトの手を介して感染する

  ・汚染された食品を食べて感染する

 

■予防対策

  [1]こまめに手を洗う

    ・石けんと流水で手を洗う(2度洗いが有効)
    ・トイレの後や外出から帰った後は念入りに行う
    ・タオルの共用はしない

 

  [2]食材はよく洗い、じゅうぶんに加熱する

    ・食材の中心まで85~90℃で90秒以上

 

  [3]汚物・吐物は適切に処理する

   ・汚物や吐物は手袋、マスクを着用して処理し、汚れたところは塩素系漂白剤を
    50倍に薄めてしみこませた布で静かにふき取る

   ・アルコール消毒では、じゅうぶん効果は得られない

 

※詳しくは、次のページをご覧ください。

 

  ・ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

  ・ノロウイルスによる感染性胃腸炎・食中毒情報(新潟県)

 

カテゴリー