本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホームくらし・手続き防災・安全・安心ハザードマップ新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について
ホームくらし・手続き防災・安全・安心避難所新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について
ホームくらし・手続き防災・安全・安心防災新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について
ホーム健康・福祉・医療・介護健康・保健健康・保健新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について

新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について

フラッグ

 

皆様の疑問にお答えします。

 

Q1 避難所の「3密」を回避するため、どのような対応をしていますか?

A1 次のとおり対応しています。

・避難所施設における利用箇所の拡大(学校の場合、体育館だけでなく校舎や音楽室なども利用)を行い、ソーシャルディスタンス(約2m)を踏まえた避難スペースを確保しています。

・指定避難所に人が入りきらない(上記スペースを確保できない)場合は、近接する施設や地域集会施設が利用できるよう確保しています。(一部調整中)

・発熱など体調不良者の専用スペースを確保しています。

・自宅の上層階への避難や知人・親戚宅への避難に関する周知を行いました。(6月1日にチラシを市内全戸配布)

・マスクの着用を徹底します。

 

Q2 避難所に感染症を予防する設備や衛生用品は配置されていますか?

A2 次の備品等を配置しています。

・パーテーション

・マスク

・非接触型体温計

・手指消毒液(アルコール)、施設消毒用品(次亜塩素酸ナトリウム水溶液ほか)

※間仕切り、段ボールベッドは新潟県が備蓄しているものを災害時に供給を受けます。

 

Q3 避難所の1人当たりのスペースは現在何㎡ですか。また、感染防止のために必要なスペースとして何㎡に拡大しますか?

A3 現在は1人あたり 2㎡ としていますが、

   今後は1人あたり 4㎡ に拡大します。(2m×2m)

 

Q4 発熱やせき等の感染症状が見られる人が避難してきた場合、どのような対応を考えていますか?

A4 体調不良のかたの専用スペースを確保し、症状が無い避難者のかたとの接触機会を極力減らします。

 

Q5 市から避難情報が発令された場合、必ず避難場所・避難所へ行かなければならないのですか?

A5 自宅の上層階への垂直避難のほか、知人・親戚宅への避難の検討をお願いします。なお、知人・親戚宅への避難においては、有事の際にすぐ避難ができるよう、日頃から親戚のかた等と相談のうえ、ご準備をお願いします。

 

※垂直避難等は次のことが確保される場合に限ります。

・浸水が想定される深さよりも、高い居室に避難が出来ること。((例)2階以上への上層避難)

・浸水が解消されるまでの間、生活するための食糧等が確保がされていること。

・土砂災害が想定される箇所は、堅固な建物の上層階の斜面と反対側の部屋に避難が出来ること。

※詳しくは、避難方法のお知らせ.pdf (PDF 727KB)をご覧ください。

「ハザードマップ」をご確認ください。https://www.city.myoko.niigata.jp/life-info/disaster/hazard-map/

カテゴリー