本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム新着情報【受付終了】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金2
ホーム仕事・産業商工業補助金・助成金(商工業)【受付終了】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金2
ホーム仕事・産業商工業商工業情報【受付終了】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金2
ホーム仕事・産業商工業企業支援【受付終了】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金2

【受付終了】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金2

フラッグ

申請受付は令和3年10月29日金曜日・消印有効で終了しました。

協力金の概要

協力金について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、新潟県が行う営業時間短縮の協力要請に全面的に協力いただいた飲食店等に対して、協力金を支給します。

対象要件

協力要請の対象施設を営む法人又は個人事業主であって、以下の要件をすべて満たす者を対象とします。

(1)妙高市内で食品衛生法に定める営業許可を取得している以下の対象施設を、令和3年9月2日以前から営業している実態があり、申請時点において営業を継続していること。

対象区域:妙高市全域

対象施設:

 1.接待を伴う飲食店【具体例】キャバレー、スナック、パブ、キャバクラ 等

 ※風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号に該当する営業を行う店舗

 2.酒類を提供する飲食店(カラオケ店等を含む)【具体例】居酒屋、レストラン、バー、カラオケ店 等

 

※飲食スペースを持たない店舗、特定の利用者のみの利用に供する施設等は、支給の対象外となります。詳細は、「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金よくあるお問い合わせ」の【支給対象について】をご参照ください。

(2)協力要請の対象期間の全ての日において、経営する全ての対象施設が営業時間短縮の要請に全面的に協力いただくこと。

 

対象期間:令和3年9月3日金曜日0時から令和3年9月16日木曜日24時まで

 要請内容:午前5時から午後8時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後7時まで)

 ※新潟県の「にいがた安心なお店応援プロジェクト」認証飲食店(申請中を含む)については、午前5時から午後9時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後8時まで)、従前の営業時間が午後8時を超え午後9時以内の場合は、午後8時までの時間短縮営業(酒類の提供は午後7時まで)。


※「全面的な協力」とは、令和3年9月3日金曜日0時から令和3年9月16日木曜日24時までの期間中、全ての日において午前5時から午後8時(新潟県の「にいがた安心なお店応援プロジェクト」認証飲食店(申請中を含む)については、午前5時から午後9時)までの時間短縮営業にご協力いただくことです。妙高市内で複数の対象施設を運営している場合は、全ての対象施設において時間短縮営業にご協力いただくことが必要です。1つでも要請に協力いただけない対象施設がある場合は支給できません。

※従前より、午前5時から午後8時までの時間の範囲内で営業している場合は対象外となります。

(3)新潟県がとりまとめた「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧」を確認し、感染防止対策を徹底していること。

(4)申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が暴力団(妙高市暴力団排除条例(平成24年妙高市条例第7号)第2条第1項に規定する暴力団をいう。以下同じ。)、暴力団員(同条第1項に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)及び暴力団または暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する者に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと。また、上記の暴力団、暴力団員及び暴力団または暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する者が、申請事業者の経営に実質的に関与していないこと。

申請方法等

申請受付期間

令和3年9月17日金曜日から令和3年10月29日金曜日・消印有効まで

申請書類等

(1)下記よりダウンロード

<必須> 申請要領 (PDF 1.14MB)

<必須> 支給申請書兼誓約書 (様式第1号) (DOC 57.5KB)

<必須> 施設情報シート (様式第2号) (DOCX 50.5KB)

<複数の対象施設がある場合は提出> 支給総額内訳表 (XLSX 13.1KB)

<A・B・Cのいずれかを提出> A 支給額まるわかりシート (自動計算) (XLSX 27.1KB)

<A・B・Cのいずれかを提出> B 支給額計算フローチャート (XLSX 19.9KB)

<A・B・Cのいずれかを提出> C 支給額計算フローチャート (手計算可能) (XLSX 41.2KB)

<提出不要> D 支給額の計算に使う選択書類について (PDF 1.16MB)

<提出不要> 記載例 (PDF 1.73MB)

(2)市役所窓口での配付

 ・妙高市役所 観光商工課

 ・妙高高原支所、妙高支所

 ※ 開庁時間は、午前8時30分から午後5時15分までです(土日祝日を除く)。

 ※ 申請書類の郵送による提供は行いません。

 ※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、窓口での説明は行いません。ご不明な点は観光商工課(電話0255-74-0019)へお問い合わせください。

申請方法

申請書に申請要領「別表1」「別表2」記載の書類を添付し、簡易書留などの郵便物の追跡ができる方法で郵送してください。

※詳細は申請要領をご確認ください。

郵送受付のみとなります。また、申請書類の返却は原則いたしません。

(宛先)〒944-8686
妙高市栄町5番1号
妙高市 観光商工課 商工振興グループ 宛

※封筒表面に「協力金 申請書類 在中」と大きく記載してください。

※封筒裏面に差出人の住所及び氏名を必ずご記載ください。

協力金(1店舗あたりの支給額)

キャプション

 

確定申告等に基づく前年度又は前々年度の9月における1日当たりの売上高

8万3333円以下

8万3333円超~25万円以下

25万円超

中小企業者等

 A 売上高方式

(1日の売上高の3割)

35万円

2.5万円/日×14日間

35万円~105万円

2.5~7.5万円/日×14日間

105万円

7.5万円/日×14日間

 B 売上高減少額方式

 【計算式】

 前年度又は前々年度と今年度の9月を比較した1日当たり売上高減少額×0.4×14日間

 【上限額】

 280万円(20万円×14日間)又は前年度若しくは前々年度9月の1日当たり売上高×0.3×14日間のいずれか低い額

大企業

(売上高減少額方式)

※詳細は申請要領をご確認ください。

妙高市でよくあるご質問

Q1.協力金の申請書がほしい。

A1.上記からダウンロードしてご利用ください。また、市役所観光商工課と両支所の窓口で配付します。

Q2.協力金の申請受付はいつからか?

A2.令和3年9月17日から受付を開始します。郵送でご提出ください。

Q3.(旅館業・宿泊業)宿泊客に酒類を提供できるのは19時(20時)までか?

A3.宿泊者に対して宿泊の一環で提供する酒類は要請の対象外です(協力金についても対象外)。ただし、宿泊者以外が施設内の食堂等で飲食できる場合、宿泊者以外への酒類提供19時(20時)まで、退店20時まで(21時)の要請対象となります。

Q4.(旅館業・宿泊業)宿泊施設で宴会や一般客を受け入れている。宿泊部門と宴会部門の売上げを分ける必要があるか?

A4.売上台帳等により、売上げを分けていただく必要があります。宿泊部門と宴会部門の売上げが不明な場合は、申請できません。

Q5.(小売業)飲食部門と小売部門がある場合、売上げを分けて1日当たりの売上げを算出するのか?

A5.飲食部門と小売部門の売上げを分けていただく必要があります。売上げの分かる書類を添付してください。

Q6.従来、営業時間を定めず来客状況に応じて20時以降営業している。「営業していたことが分かるもの」とは具体的に何か?

A6.営業時間の記載がある貼り紙(写真)、チラシ、ホームページ、予約受付記録等の写しです。

Q7.従来21時まで営業している。「にいがた安心なお店応援プロジェクト」認証(申請中含む)後、21時まで営業が可能になり、協力金も対象となるか?

A7.対象になりません。認証店であっても、従来の営業時間が20時を超え21時以内の場合、20時まで(酒類提供は19時まで)の時間短縮営業にご協力ください。

Q8.(白色申告の場合)売上台帳をもとに9月の1日当たりの売上げを算出してよいか?

A8.白色申告の場合、月の売上高が確認できないため、「年間売上高÷365」が適用されます。

Q9.新型コロナウイルス感染症の影響で長期間休業しているが、協力金の対象となるか?

A9.今回の協力金は、特別警報を受けて営業時間の短縮要請に応じた店舗が対象となります。例えば1年を超えて休業しなければいけない理由や時間短縮営業に切り替えられない理由等を説明(証明)できる場合に限り、対象となります。

Q10.20時閉店の場合、20時に食べ物のオーダーストップということでよいか?

A10.20時にお客様にお帰りいただく必要があります。食べ物のオーダーストップの時刻については、店舗の状況に応じて設定してください。

Q11.「前年度又は前々年度の売上げ」とあるが、年度は4月から3月とするのか?

A11.法人の場合は、各事業者の会計年度としてください。個人事業主の場合は、確定申告と同様、1月から12月としてください。

Q12.「売上高減少額」による方法を選択した場合、今年度の9月売上げは月の途中までの1日当たり売上高で計算するのか?

A12.令和3年9月30日が終了した時点での売上高減少額を計算してください。

Q13.要請期間が令和3年9月17日以降も延長された場合、申請手続きはどうなるか?

A13.延長された場合、令和3年9月3日から9月16日までの分で申請していただき、それ以降の分は別に申請が必要です。

 協力金よくあるお問合せ(令和3年9月16日版Q&A) (PDF 465KB)

参考(にいがた安心なお店応援プロジェクト)

 「にいがた安心なお店応援プロジェクト事務局(電話:025-240-5330)」へお問合せください。

 にいがた安心なお店応援プロジェクト飲食店認証制度概要 (PDF 941KB)

関連ファイル

 営業時間短縮周知チラシ (DOCX 25KB)

 チラシ(営業時間短縮にご協力ください) (PDF 532KB)

 チラシ(時短要請にかかる協力金について) (PDF 130KB)

カテゴリー