本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム観光催し物情報青学箱根駅伝クラウドファンディングお礼
ホーム市政情報財政企業版ふるさと納税青学箱根駅伝クラウドファンディングお礼
ホーム市政情報広報・広聴妙高TOPIC青学箱根駅伝クラウドファンディングお礼

青学箱根駅伝クラウドファンディングお礼

フラッグ

「妙高に縁ある青学駅伝チームとタイアップ!「妙高市」を全国区に!!と題しクラウドファンディングを実施してまいりました。皆様のご協力により、目標額を達成することができました。ご支援大変ありがとうございました。

クラウドファンディング終了!目標額達成いたしました!!

 募集期間:令和2年12月10日~25日

 募集サイト: さとふる「妙高に縁ある青学駅伝チームとタイアップ!「妙高市」を全国区に!!」9.QRコード.png

 目標額:1,000,000円

 達成額:1,031,906円

箱根駅伝で使用するユニフォームに妙高市ロゴマークを表示

上記協定に基づく取り組みの一環として地域社会への貢献とスポーツ活動の活性化や人材の育成に寄与することを目的とし、妙高市の指定するロゴマークを青山学院大学が箱根駅伝で使用するユニフォームに表示します。

妙高市ロゴ 想定サイズ.pdf (PDF 3MB)

〇青学駅伝チームのユニフォームに「妙高市」のロゴと夢をのせて!

 学生長距離界最長の駅伝競走であり、およそ100年の歴史とドラマがある正月の風物詩「箱根駅伝」。

 2021年1月2日・3日に開催される「第97回東京箱根間往復大学駅伝競走」に2年連続6度目の優勝を目指して出場する「青山学院大学」は、妙高市杉野沢地区を拠点に毎年夏合宿を行っていることもあり、当市との縁も深いものとなっており、本年11月には、青山学院大学と妙高市との連携協力に関する協定を締結し、相互に協力し地域社会への貢献とスポーツ活動の活性化や人材育成に寄与することとしております。

 このようなご縁も、平成21年4月に「妙高市スポーツ等合宿の郷づくり推進条例」を制定し、市民、民間事業者と連携し、市を挙げて合宿の誘致に取り組んできた成果の一つであると考えております。

 こうした中、今季から大学駅伝のユニホームに、初めてスポンサーのロゴが付けられることとなったということで、青山学院大学の原晋監督から、合宿の誘致等スポーツツーリズムに積極的に取り組む当市に対してオファーがあったことから、当市としても是非、青学駅伝チームから「妙高市」のロゴを胸に、箱根駅伝で6度目の優勝を飾っていただきたいものです。 

 

IMG-1118.JPG

※青山学院大学陸上競技部妙高での合宿

※関連リンク→青山学院大学との連携について

 

カテゴリー