本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド
ホーム健康・福祉・医療・介護健康・保健風しんに気をつけましょう

風しんに気をつけましょう

フラッグ

 現在、関東地方で風しんにかかるかたが、多くなっています。

その多くは、30代~50代の男性が占めています。

 大人がかかると重症化しやすく、特に、妊婦が妊娠20週頃までにかかると赤ちゃんの目や耳などに障がいを持って生まれてくる可能性が非常に高くなります。

 今後、全国的に感染が拡大する可能性があることから、十分な注意が必要です。

 発熱や発しんなど風しんと疑われる症状がみられるときは、早めに受診しましょう。受診の際は、事前に医療機関へ連絡のうえ、マスクをして受診しましょう。

風しんとは・・・                               

 風しんウイルスが人から人への飛沫感染(患者のせきやくしゃみなど)によって起こる感染症です。

 潜伏期間は2~3週間で、その後、軽いかぜ症状で始まり、発しん、発熱、首の後ろの腫れなどが主な症状です。その他、目の充血もみられます。発しんも発熱も約3日間でおさまるため「三日はしか」とも言われます。

 合併症として、関節炎や血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。

風しんの予防には予防接種が有効です。

 風しんの予防接種を受けたことがないかたや、かかったことがないかたは、予防接種や抗体検査を受けることをおすすめします。

予防接種や抗体検査について・・・                        

 予防接種や抗体検査については、以下の該当されたかたは助成がありますので、内容をご確認ください。該当されない場合は、全額自己負担となりますので、ご注意ください。

□予防接種

・定期予防接種は、1歳~2歳未満の間と園の年長に該当する間に、麻しん風しん混合ワクチンをそれぞれ1回接種します。接種費用は無料(全額公費負担)です。

 

・市では、風しん抗体価が低い (1)妊娠を希望する女性 (2)抗体価が低い女性の配偶者及び同居者 に対する風しんの予防接種の費用助成事業も実施しています。

詳しく関連記事をご覧ください。

 

□抗体検査

(1)妊娠を希望する女性 (2) (1)の配偶者等及び同居者 (3)風しん抗体価が低い又は陰性である妊婦の配偶者及び同居者は、無料で抗体検査が受けられます。詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー