本文へ
Foreign Language 文字サイズ[小][標準][大] ふりがな 読み上げ ブラウザガイド

ごみの出し方

フラッグ

ごみの出し方(平成29年4月1日から)

キャプション
区 分 分け方・出し方 中間処理

リサイクル
または最終処分

燃えるごみ ・妙高市指定のごみ袋に入れて出す
・旧市町村の指定袋で出すことはできますが、新井市の市名が入った旧指定袋で出す場合は「差額処理券」を購入し袋に貼って出す(差額処理券は市役所で販売しています)
・容器や包装以外のプラスチック製品は「燃えるごみ」へ出す。ただし、大型で指定袋に入らないものは「金属類・大型プラスチック」の収集日に出すか、直接「妙高クリーンセンター」へ搬入する
妙高クリーンセンターで焼却する 灰をセメントで固化し、妙高高原最終処分場に埋立する
埋立てごみ ・妙高市指定のごみ袋に入れて出す
・旧市町村の指定袋で出すことはできますが、新井市の市名が入った旧指定袋で出す場合は「差額処理券」を購入し袋に貼って出す(差額処理券は市役所で販売しています)
・陶器、ガラスなど破砕の必要なものと、灰など破砕の必要のないものに分けて出す
(例)ガラス、陶器、汚れの落ちないビン、灰など
固形物は市内の工場で破砕し、体積を小さくする 妙高高原最終処分場に埋立する
古紙類 ●新聞紙
・ひもで十文字にしばって出す
市内の工場で、それぞれ選別・圧縮・梱包する 県外の工場で製紙原料として製品化されている
●飲料用紙パック
・内側が銀色の紙パックは「その他の紙」へ出す
(例)牛乳パック、ジュースパックなどで内側が白いもの
紙パック
このマークが目印
県外の工場で、飲料用紙パックはトイレットペーパーやティッシュペーパーに、その他の紙は紙製原料に、段ボールは段ボールとして製品化されている
●その他の紙

・新聞紙と飲料用紙パック以外の紙
・紙袋に入れるか、ひもで十文字にしばって出す
(例)お菓子の紙箱、割りばしの紙袋、贈答品の包装紙、内側が銀色の紙パック、封筒、チラシ、雑誌、ラップの芯など
その他紙
このマークがついているものもその他の紙です
段ボール・その他プラスチック製容器包装

●段ボール
・1m以内に折りたたんでひもで十文字にしばって出す

キャプション
段ボール




 

 

このマークが目印

●その他プラスチック製容器包装
・風で飛散しやすい物は、容器包装となる中の見える袋で出す
・トレイはスーパーなどの店頭回収を利用することもできます

(例)卵パック、ペットボトルのふた、みかんのネット、白色・柄つきトレイなど

プラ
このマークが目印

上越市内の工場で、それぞれ選別・圧縮・梱包する 県外の工場でプラスチック製品にされている
ペットボトル ・ラベルとふたを取り、中を空にして水洗いする
(例)ジュース、酒、調味料類
ペットボトル
このマークが目印
市内の工場で、選別・圧縮・梱包する 県外の工場でプラスチック製品にされている
あきビン ・ふたを取り、中を空にして水洗いする(色分けする必要はありません)
(例)飲料・食品のガラスビン
市内の工場で、選別する 県外の工場でカレットに加工し、製品化されている
あき缶 ・中を空にして水洗いして出す
・スプレー缶、カセットボンベは使いきって必ず穴をあける
(例)各種の缶、金属ふた
あらい再資源センターでアルミとスチールに選別し、圧縮する アルミやスチールは県内の業者に買い取られ、アルミ缶は自動車部品の原料に、スチールは鉄筋などに製品化されている
金属類・
大型プラスチック
・出すことができる大きさは、1m×40cm×40cm以内、重さ15kg以内とする(大人が1人で持てる大きさ)
・金属部分がなくても機械で破砕し、かさを減らす大型プラスチックごみも対象です(燃えるごみの指定袋に入らない大きさのもの)
(例)なべ、やかん、包丁、洗面器、傘、扇風機、ポット、大型プラスチック
あらい再資源センターで破砕し金属類を抜き取る 抜き取った金属類は県内の業者に引取られ、鉄筋などに製品化されている
乾電池・蛍光管・
電球
・割れないように注意して出してください
(例)単1から単5の筒型のアルカリ・マンガン乾電池、割れていない水銀体温計、蛍光管、電球型蛍光灯、電球、グロー球
・割れたものは埋立ごみ
・ボタン電池・充電式電池など収集に出せない電池は、回収ボックスが設置してある店に出す
あらい再資源センターで分別・梱包する 乾電池は県外の工場で製鉄材料に、蛍光管・電球は県外の工場でガラス製品の原料に、水銀は集めて再利用している
廃食用油 ・油は植物性のものに限る。動物性の油は回収しない
・食用油の入っていたプラ容器かペットボトルに入れて、漏れないようにしっかりふたをしめて、容器ごとコンテナへ出す
・ビンは割れる可能性があるので出さない
市内の工場で不純物等を取り除く 市内の工場でバイオディーゼル燃料に再生されている

それぞれ分け、決められた分け方、出し方で収集日に出すようにお願いします。

注意点

  •  燃えるごみ、埋立てごみは、「妙高市指定ごみ袋」に入れて、各地域指定の集積所へ出してください(指定ごみ袋は、市役所、支所、各取扱店で販売しています)
  • その他のものは、指定ごみ袋に入れず、そのまま各地域指定の回収容器(コンテナ、ネットなど)に入れてください
  • 袋の重さは片手で持てるくらいの重さ(最大15kg程度)で出します
  • 収集日の朝の8時までに出してください
  • せん定枝や木材を直接施設搬入する場合は、(有)川村商店へ搬入してください(有料)。なお、搬入されたものは、細かくチップ状にします(市民のかたには無料で譲ります)。
  • 資源物は、あらい再資源センターへ直接搬入することもできます ※事業系は一部持ち込みできません

カテゴリー