妙高チャンネル
  • 生命地域宣言
  • 妙高市議会
  • 妙高市民の心
  • メールマガジン
  • イベントカレンダー

病後児保育室「スマイルポケット」

 スマイルポケット

病後児保育室「スマイルポケット」

病気の治りがけのお子さんを
けいなん総合病院(5階)でお預かりします。

「スマイルポケット」はこんなところです

  • 市内の生後6か月~小学校6年生までのお子さん(定員3名)を保育します。
  • 保育スタッフは看護師と保育士です。
  • 保護者の勤務の都合や傷病・冠婚葬祭などのため、家庭で養育できない場合に利用できます。
  • 発熱等で症状が重くなった場合は、保護者へ連絡し、主治医へ受診していただくか、必要によっては、けいなん総合病院小児科への受診介助をさせていただきます。
  • 与薬が必要な場合は、初日の朝に連絡カードへの投薬依頼書欄の記入と併せて、薬の説明書等(時間・量・薬の内容が確認できるもの)を確認させていただきます。

利用できる時間・料金

利用時間・・・ 8時~18時
利用料金・・・ 1人1日当たり 2,000円

利用の際にお持ちいただくもの

各年齢共通
・昼食・飲み物(多めに)・おやつ・手ふき・食事エプロン・着替え・はし・フォーク・スプーン・コップ・バスタオル・ビニール袋(3枚)・薬(1回分を小分けする)・薬の説明書(必要なお子さんのみ)・マスク(インフルエンザ・かぜ・溶連菌等の感染症の場合)

0歳~2歳、ほか必要なお子さん
・ミルク・哺乳びん・紙おむつ(5枚以上)・おしりふき

昼食について
6月から9月は、食中毒が多く発生する時期です。
果物・トマト以外は加熱して、主食とは別々にしてお持ちください。

※ 持ち物には必ず記名し、1つの袋等にまとめてください。

病後児保育室の利用のながれ

1 登録

あらかじめ「登録申込書」を市役所こども教育課または支所・保育園・幼稚園へ提出する。

申込書はこのページからダウンロードしていただくほか、市役所総合案内・各支所・保育園・幼稚園・医療機関にあります。

2 受診

かかりつけ医が病後児と判断した場合に、「症状連絡票」に記入していただく。

連絡票はこのページからダウンロードしていただくほか、市役所・各支所・保育園・幼稚園にあります。

3 予約

「病後児保育室」へ電話で予約する。

電話 70-6020

※ 予約は前日の19時までにお願いします。

名前・年齢・病名・症状・利用期間などをお聞きします。

4 利用

「症状連絡票」「利用申込書」「連絡カード」・「持ちもの」を持って、お子さんには「マスク」をつけ、けいなん総合病院5階の病後児保育室『スマイルポケット』へ!

☆病後児保育を病院内で行うに当たり、初日の診察が必要です。そのため、けいなん総合病院がかかりつけ医療機関でない場合は、病後児保育室へ入る前に、外来の受付へかかり、「病後児保育室を利用するため、小児科を受診する」と伝えてください。

  • 小児科を受診されるかたは、当日または後日に支払いをしていただきます。健康保険証・児童医療費受給者証・自己負担金(医療費受給者証をお持ちでない方は、年齢に応じた初診料の自己負担分)が必要です。

☆外来受付後は、病後児保育室(5階)のスタッフに声をかけてください。

☆病後児保育室では、毎日、連絡カードを使用してお子さんの体調や生活支援状況などについて、来室時の確認と退室時の報告を行います。

☆キャンセルは、前日の19時までに「病後児保育室」へお願いします。

5 支払

病後児保育室の利用後、市役所こども教育課より郵送される納入通知書で利用料を支払っていただきます。(銀行・農協・ゆうちょ銀行)

必要書類

  • 登録申込書
    事前に市役所(こども教育課・各支所)・保育園・幼稚園へ提出し、登録していただきます。
  • 症状連絡票
    かかりつけ医が病後児と判断した場合に記入していただき、利用当日にお持ちください。
  • 利用申込書
    利用当日にお持ちください。
  • 連絡カード
    保護者と病後児保育スタッフとの連絡用紙です。毎日記入していただきます。利用当日にお持ちください。

詳しくは、妙高市教育委員会 こども教育課へ(電話:0255-74-0039)


このページに関するお問い合わせ
妙高市教育委員会 こども教育課
〒944-8686 新潟県妙高市栄町5-1
Tel0255-72-5111