妙高チャンネル
  • 生命地域宣言
  • 妙高市議会
  • 妙高市民の心
  • メールマガジン
  • イベントカレンダー

市長の主な活動(平成27年1月)

 

北なごや新春チャレンジマラソンに参加

北なごやマラソン大会

 1月18日、当市と友好都市の愛知県北名古屋市で「第31回北なごや新春チャレンジマラソン」が開かれ、妙高市からも市内観光を兼ねて現地を訪れた10人のかたが参加しました。

 大会は、北名古屋市の「文化の森 物語の広場」をスタート・ゴールとするもので、10キロと5キロのマラソンコース、ジョギング、ウォーキングの部門があります。この日の天気は快晴、総勢約5300人が気持ちよい汗を流しました。

 当日は、入村市長も大会を訪れ、開会式で挨拶(→動画参照)しました。また、閉会式では、妙高市から妙高市長賞として、妙高市内の旅館宿泊券とお米を贈呈しました。

 


  

台湾の高校生が妙高市でスキーを体験(平成27年1月27日)

市長と会長

 1月24日から6泊7日で、台湾の国立台中文華高級中学(日本では高等学校に相当)の生徒76人が日本を訪れ、観光や農業の学習、学校交流などを行っています。一行は、26日に妙高市へ宿泊し、翌27日に池の平温泉スキー場で、はじめてのスキーを楽しみました。

 26日の夕方には、市長が一行の来市を歓迎。同校校長で台湾国際教育連盟総会会長である薛光豊さんと和やかに挨拶を交わしました。(←名刺交換の様子(動画))

 なお、この訪日旅行は、国土交通省が平成25年度に行った台湾訪日教育旅行関係者招聘事業で、薛会長をはじめとした教育関係者が本県を視察したことがきっかけとなり、実施につながったものです。

 


 

新年を祝う市民のつどい(平成27年1月5日)

市民のつどい

 1月5日、新井ふれあい会館で新年を祝う市民のつどいを行い、国会議員、県議会議員、町内会長、市内事業所の代表など、約300人が一堂に会して新年のあいさつを交わしました。

 年頭の挨拶で市長は、今年はじまる、北陸新幹線の長野-金沢間の開業、妙高・戸隠地域の国立公園分離独立への喜びの言葉を述べたほか「不安定な要素はあるが、それらを回避し皆さんと一緒に、この地にとって良い年だったと言えるように頑張りたい」と関係者の皆さんへの協力を呼びかけました。

  


 

平成27年消防出初式(平成27年1月4日)

 出初式

 1月4日、平成27年消防出初式を開催。市長をはじめ市消防団、新井消防署、頸南消防署、市議会議員、県議会議員、妙高警察署長などの来賓あわせて約100人が参加し、市内パレード、神社参拝、一斉放水訓練、式典を行いました。
  市文化ホールのホワイエで行った式典では、年頭の辞を行った入村市長が、予想もしない大きな自然災害が多く発生している昨今への対応として「事前の備えにより、災害時の的確な初動対応で、被害を最小限に抑えられる体制を整えてほしい」と消防団はじめ、関係機関の皆さんへの協力を呼びかけました。

このページに関するお問い合わせ
妙高市役所
〒944-8686 新潟県妙高市栄町5-1
Tel0255-72-5111