妙高チャンネル
  • 生命地域宣言
  • 妙高市議会
  • 妙高市民の心
  • メールマガジン
  • イベントカレンダー

児童扶養手当、ひとり親家庭医療費助成事業、特別児童扶養手当について

児童扶養手当について

 

医療費助成事業について

児童扶養手当は、両親の離婚などでひとり親家庭となっている児童の健やかな成長を願い、家庭生活の安定と自立の促進のために支給する制度です。

▶対象次のいずれかにあてはまる児童について、父または母がその子どもを監護し、かつ、生計を同じくしている場合  父母が婚姻関係を解消した児童 父、または母が死亡した児童 父、または母が一定程度の障がいの状態にある児童 父または母の生死が明らかでない児童 未婚の女性の子で、父がいない児童 その他(父または母が1年以上遺棄している、1年以上拘禁されている児童など)手当月額子どもの人数と父、または母の所得によって異なる。子ども1人の場合、全部支給で月額42500円を支給。2人目は1万40円、3人目以降は6020円を加算 ▶所得制限…本人及び家族の所得に応じて支給額の減額、支給停止もあり 受給期間子どもが18歳になって最初の331日を迎えるまでの期間で、年3回(4812月)口座振込 ※心身に障がいのある子どもは20歳未満 申請方法認定請求書などの書類を提出 ※書類は申請先にあり 申請先・問い合わせこども教育課子育て支援係(74-0039、有線2-3163)、各支所市民窓口係

 

ひとり親家庭の経済的負担を軽減するため、病院で支払う医療費の自己負担額を一部助成します。

対象…ひとり親家庭の父、または母とその子ども ※親がいない場合は、子どもを育てているかたが対象。生活保護を受けているかたは対象外 支払額… 外来の場合、月の受診日の14回までは530円 ※5回目以降は無料 ②入院の場合、1日につき1200円 所得制限本人及び家族の所得が一定額以上の場合は対象外 助成期間子どもが18歳になって最初の331日を迎えるまで(心身に障がいのある子どもは20歳未満) 申請方法…交付申請書など必要書類を提出 ※書類は申請先にあり ▶申請先・問い合わせこども教育課子育て支援係(☎74-0039、有線2-3163)、各支所市民窓口係

 

特別児童扶養手当について

 

特別児童扶養手当は、精神、または身体(視力・聴力・内科的疾患を含む)に一定の障がいがある児童の福祉の増進を図るために支給する手当です。

▶対象…精神または身体に政令で定める程度の障がいがある20歳未満の児童を監護する父又は母又は養育者に支給。ただし、次のような場合は対象外  対象児童が施設に入所しているとき 保護者と一緒に入所していたり、通所したりしているときを除く 対象児童が障がいを支給事由とする公的年金給付を受けているとき 対象児童又は手当を受けている父母(養育者)が、日本国内に住所がないとき 手当月額…対象児童の障がい状態に応じて障がい等級1級又は2級に認定。手当月額は151700円、23万4430円 所得による支給制限…本人及び家族の前年所得が一定額以上の場合、手当の支給が停止 受給期間子どもが20歳になるまでの期間で年3回(4811月)。県より口座振込 ▶申請方法診断書または判定日が2年以内の療育手帳Aと認定請求書などの書類を提出 ※書類は申請先にあり 申請先・問い合わせこども教育課子育て支援係(74-0039、有線2-3163)

このページに関するお問い合わせ
妙高市教育委員会 こども教育課 子育て支援係
〒944-8686 新潟県妙高市栄町5-1
Tel0255-74-0039