妙高チャンネル
  • 生命地域宣言
  • 妙高市議会
  • 妙高市民の心
  • メールマガジン
  • イベントカレンダー

百日せきに気をつけましょう

 現在、上越保健所管内(妙高市、上越市)で百日せきの届出が増加しています。

 乳幼児がかかると、せきで呼吸ができず、けいれんをおこしたり、肺炎や脳炎など重い合併症を起こしやすく、生後6か月未満では死に至る危険の高い疾患です。 生後3か月になったら早めに四種混合(ジフテリア・百日せき、破傷風・ポリオ(急性灰白髄炎))の予防接種を受けましょう。 成人では、せきは長期間続きますが,比較的軽い症状で経過することが多く,受診・診断が遅れることがあります。
 鼻水やせきなどのかぜ症状が出た時は、早めに受診をしましょう。早期の内服により治療効果が高まります。

 

■百日せきとは…百日せき菌が人から人への飛沫感染(患者のせきやくしゃみなど)によって起こる感染症

【経過】

次の3つの段階があります。

①7~10 日程度の潜伏期間を経て、鼻水やせきなどの症状がみられ、徐々にせきが強くなっていきます。
 (約2 週間)。

②その後、短いせきが連続的に起こり、せきの最後に大きく息を吸い込み、痰を出しておさまるという症状
 を繰り返します(約2~3 週間)。

③激しいせきは徐々におさまりますが、時折、発作性のせきがみられます(2~3 週間)。 

 

百日せきについて詳しくはこちら

 

■予防について                                

・有効な予防法は予防接種です。予防接種法に基づく定期接種が行われています。

・生後3か月から四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ(急性灰白髄炎))ワクチンを20日から56日までの間隔をおいて3回接種します。3回目終了後、12月から18月までの間隔をおいて1回接種します。接種費用は無料(全額公費負担)です。詳細はこちらをご覧ください。
・なお、百日せきワクチンの免疫効果は4~12 年で減弱するため、最終接種後、時間経過とともに既接種者も発症することがあります。
・予防接種の他に、手洗い・うがい・マスクをするなどのせきエチケットを心がけましょう。

 

このページに関するお問い合わせ
妙高市役所 健康保険課 健康づくり係
〒944-8686 新潟県妙高市栄町5-1
Tel0255-74-0013